鼻から挿入する
痛みの少ない胃内視鏡検査
また、体に負担の少ない
大腸内視鏡検査を行っております。

24時間ネット受付

当院の内視鏡検査について

消化器疾患の早期診断・適切な治療法を選択するための検査です。
当医院では患者様に少しでも楽に安心して検査をうけていただけるよう、
胃には経鼻内視鏡、大腸には細径内視鏡を導入しております。
さらにその適応を判断した上で鎮痛剤を用い、楽に検査をうけていただく事が可能です。
また、一般的な大腸の内視鏡検査は患部を空気で膨らませていますが
当院では「二酸化炭素」を使用しているため、腸内での吸収が約200倍違い検査後の
膨満感を比較的に早く引かせる手法を導入しております。


胃カメラ・胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ

胃カメラ検査は、鼻(口)から内視鏡を入れて胃・十二指腸を直接観察する検査です。内視鏡の先端には小型の高感度電子カメラが備えられており、がん・ポリープ・炎症疾患などの病気を見つけ診断するのに有用です。胃がんや腫瘍の原因となるピロリ菌の検査もおこなえます。
<胃カメラ検査の予約について>
胃カメラ検査は予約制となっております。
お電話、もしくはネットからご予約できます。


こんな症状があればご相談ください

〈胃内視鏡検査(胃カメラ)の予約について〉
ご予約時に内服薬や検査前のお食事の注意事項などをご説明させていただきます。
(ネットからご予約をいただいた場合には、こちらからお電話を入れさせていただきます。)
詳細はお問い合わせください。


胃内視鏡検査(胃カメラ)の流れ
※9時からの検査の方の場合

胃内視鏡検査(胃カメラ)の流れ
予約日より前に症状が強くなったり、何かご質問がある場合は当院までご連絡ください。


大腸カメラ・大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)

大腸カメラ検査は先端に高性能のカメラがついた細いチューブを肛門から挿入して大腸と小腸の一部を観察する検査です。
こんな症状があればご相談ください
従来の検診は便潜血検査がありますが、便潜血反応が陰性であっても大腸ポリープや大腸がんの存在を完全に否定することはできません。一方、大腸内視鏡検査は大腸ポリープ・大腸がんなどの正確な診断が可能であり、また異常な部位から組織検査を行うことができます。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の予約について
大腸内視鏡検査は、検査前に必ず診察を受けていただきます。
その際に検査の流れや合併症などについて説明をさせて頂きます。大腸の中をよく観察するためには、便を綺麗に出してしまうことが必要です。スムーズな検査を受けていただくために、下記の準備をお願いいたします。
大腸内視鏡検査はネットからのご予約はできません。お電話にて、ご相談・ご予約をお受けいたします。
胃内視鏡検査(胃カメラ)の流れ


24時間ネット受付